100均ダイソー節約術

100均ダイソー節約術

ダイソーなどの100円ショップ(100均)を利用して節約生活を目指すブログ。

ダイソーの「むき甘栗」のおいしさに間違いはないけれど

ネットで検索しますと「100円ショップで買ってはいけないもの」の中に入っているのが「食品」です。

 

しかし、毎日のように近所のダイソーに通っていますと、食品のコーナーはかなり大きくとられていて、そそられることもあるのですね。

 

で、ついに買ってしまったのが、「こだわりのむき甘栗」です。

 

ダイソーの「むき甘栗」

 

100円ショップで食品は買ってはいけないという人は、量が少ないというのと、食品の安全性に不安があるという点を指摘します。 この記事の続きを読む

水切りフィルターは100円ショップで買ったほうが得。

100円ショップで買うのは、消耗品を中心にしています。消耗品というい言葉には「使い捨て」という意味も含まれているのです。

 

100円ショップで買うと得する100円均一商品の中で、欠かせないのが「水切りフィルター」。

 

三角コーナー用」には40枚、「排水口用」には55枚も入っていますから、スーパーで買うより、かなりお値打ちだと言えます。

 

2015-02-03 16.19.41

 

高円寺のパル商店街にある「ダイソー」で買いました。近くには「西友」もありますが、今後は「ダイソー」で買うことに決めました。

 

その理由は、価格が数段安いだけでなく、原材料も厚さも同じで、枚数も同様だったから。

 

原材料(材質)は「西友」の「不織布製」と表示されているものと同じ「ポリプロピレン」であり、比較しましたが、厚さも同じだった(差がわかなかった)のでした。

 

これなら、価格の低い、100円ショップで買った方が得ですよね。

100円ショップで100均雑貨を買う本当の理由とは?

前にも書きましたが、私は100円ショップは好きではありませんでした。「安物買いの銭失い」という言葉があるとおり、安いものは価値がないと思い込んでいたのです。

 

しかし、今は、好きか嫌いかは別にして、100円ショップの存在を認めています。現代社会に100円ショップは必要であると、断言さえしたいくらいです。

 

以下、私が100円ショップで100均雑貨を買う本当の理由について、まとめてみたいと思います。

 

1)薄っぺらなブランドにだまされないため

 

有名なメーカーの商品は良いものだと信じていた時期も私にはありました。しかし、そうしたブランドは、多くの場合、テレビCMなどを繰り返し流すことで刷り込まれたイメージに過ぎず、実態の本質とは無関係なのですね。

 

本当は安っぽいものを、ブランドというイメージで高く買わされてきたことは事実としてあります。

 

100円ショップにおいてある商品の中には、高価な商品とそん色ないものもあるのですね。

 

原価がほとんどかかってない物を高額で売るという企業の暴走を許さないためにも、100円ショップ愛好家でありたいと思っています。 この記事の続きを読む