去年の夏に3ヶ月間で、約7キログラム、痩せました。ウエストも、88センチから76センチになり、おかげさまで、大き目のジーンズを3本も断捨離する結果に。

ものの見事、実は、ときどき奇妙な咳が出ることがあって、気にはなっていのですが、病院の検査でも「肺」でひっかかってしまったのです。そのため、最近はまた病院とすっかり仲良しになってしまっています(苦笑)。

確かに、体重は落とせたのですが、元気に痩せたわけではないのですね。

その意味では、私のダイエットは成功とは言えません。

現在、体調がそれほど良くないのですが、その原因を少し考えてみたいと思います。

1)急激に体重を落とし過ぎた。急激な変化に体が対応しきれなかった。

2)スポーツジムに通い始めたが、オーバートレーニングで過労。そのために免疫力が落ちて、体調を崩すことに。

3)ジムに通う前に、ハードな塾を開講しており、すでに疲労がかなり蓄積していることを考えずに、激しいトレーニングをしてしまった。

運動するのは、日常生活を元気にすごせるようになるためなのに、ジムトレーニングの疲労をジムに行かない日に引きずっており、ふだんから常に「疲れている状態」になってしまっていたようです。

今回のダイエットで痛感したのは、運動で痩せる場合、疲労しすぎない程度にすべきだということ。疲れたら、疲れがとれるまで休むことです。

やりすぎは、すべてにおいて、禁物ですね。

まだ、理想の体重にはもう少し体重を落とす必要があるのですが、これからは、ゆるゆるダイエットに切り替えることにしました。

今は休んでいるのですが、免疫力を高めたり、血圧を下げることにも効果があると聞いたので、「気功」を習っていました。肺の機能を改善させられるとか。いずれ、型式は変わるかもしれませんが、復帰したいと考えています。

「気功」が、ゆるゆるダイエット、健康回復の切り札となってくれることを、密かに期待しているのです。

私が習っているのは、この気功ですよ⇒健康になる 気功 ~宮廷21式呼吸法~ [ 王汀 ]