以前お送りした「文具の断捨離」が当ブログの中で最高のアクセスをいただいています。相当な量の文具を捨てて、スペースも広く、気持ちもスッキリのはずでした。

ところが、収納ボックスの中に、とんでもない量の「クリップ」があることに気づきました。

これがその断捨離を検討中のクリップたち。

断捨離を検討中のクリップ

前回もお話ししましたが、プリンターを断捨離したために、新たに書類がまとまって出ることがありません。したがって、それらの書類はまとめる、クリップも不必要となったのです。

時代の流れといえば、それまでですが、本当に、どう考えても、クリップを使う機会を想像できません。

したがって、以前は買っても買っても足りなかったクリップを、大量に断捨離しなければなりそうです。しかし、なぜか、捨てきれないでいます。ここは決心のしどころなのはわかっているのですが……。

大量のクリップを、こちらで断捨離しました。