先日、グリコアーモンドチョコレートを100円ショップのダイソーで買ったことを書いたのですが、意外に大きな反響をいただきました。

 

で、今回は、グリコの「ビスコ」を、同じダイソーの高円寺パル店で買ってみた感想をお届けします。

 

ビスコ」もかなり歴史の古いお菓子ですよね。「ビスコ」が誕生したのは、昭和8年(1933年)というから、まさに古典的なお菓子だと言えます。

 

ちなみに、グリコのアーモンドチョコレートが生まれたのは昭和33年(1958年)です。う~ん、ビスコって、お菓子の生きた骨董品みたい。

 

その伝統的なお菓子が、100均雑貨店のダイソーで売られているというのは、時代も変わったものですね。

ダイソーでは、3個で100円という価格で「ビスコ」を売っています。

 

グリコの「ビスコ」

 

今回ご紹介するのは、いちばん上のふつうの「ビスコ」です。元祖・ビスコというか、ノーマルバージョンというか、これがないとどうしても始まらないという感じ。

 

元祖・ビスコ

 

クリームの味が何とも懐かしい。クセがなく、ひねり過ぎておらず、このふつうのテイストが貴重だと感じました。

 

1つのパッケージに小さなビスケットが5つ入っているのですが、その中に1億個の乳酸菌が入っているというからスゴイ。

 

なぜ、そんなに乳酸菌が多いのか、それだけ多いとどういうメリットがあるのかについては、グリコの公式サイトで解説されています。以下、その解説文を引用してみましょう。

 

ビスコには、胞子の状態、つまり休眠状態のスポロ乳酸菌(有胞子性乳酸菌)が入っているからです。

スポロ乳酸菌は、体内に入った後、胃酸や体温の刺激を受けて、腸内で目覚めます。

 

スポロ乳酸菌は、普通の乳酸菌と違って、胞子を作ることができる有胞子性乳酸菌です。

 

栄養細胞の状態では、熱や酸に弱いのですが、胞子の状態では、熱にも酸にも強く、環境が整うと発芽して、栄養細胞として活動を始めます。

また、胞子の状態のスポロ乳酸菌をビスコに入れることにより、生きたまま腸に届きやすくしています。(引用元:乳酸菌について

 

まあ、よくわからないのですが、とにかく、体に良いのでしょうね。

 

気になるカロリーですが、1パッケージに入った5つ食べて99キロカロリーです。

 

大き目のバナナ1本分くらいのカロリーはありますから、3パッケージをいっぺんに食べることはひかえた方が良さそうです。