あまりこういう言い方はしたくないのですが、ダイソーで買って食べてみた「チロルチョコ なめらかきなこもち」は危険です。

 

危険という意味は、商品に欠陥があるということではなく、マジで病みつきになるくらい「おいしい」。

 

ダイソーにおいてある100均お菓子は、単調な生活のささやかな楽しみではありますが、何と言っても、ダイエット中の身。脂肪の断捨離を推進しようと意気込んでいる最中なのですね。

 

そこに出現したのが「チロルチョコ なめらかきなこもち」なわけで……

 

なめらか きなこもち

 

一つ食べたらとまらない。Webサーフィンをしていたら、気づけば、なくなっていました。たぶん、全部食べ終わるのに、数分しかかかっていないと思います。

 

危なすぎます。1袋に8個入。1個のカロリーは、32kcal。だとすると、私は数分で、かなりのカロリーを摂取してしまたことになります。

 

もう1種類、抹茶味も買ってしまったのですが、恐怖のため、まだ開封さえしておりません(大汗)。

 

グリコのアーモンドピークのように、箱が大きければ、少しずつ食べなければと警戒するのですが、何しろこの「きなこもち」の袋は小さいのです。この程度ならば、食べきっても問題ないのではと油断してしまうわけ。

 

しかし、おいしいので、一度は試していただきたいですね。近くにダイソーがない人はこちらでも買えます。

 

繰り返します。「チロルチョコ なめらかきなこもち」は危険です。以下の3つの理由によって。

 

「チロルチョコ なめらかきなこもち」が危険な理由(わけ)

 

1)おいし過ぎる。

2)カロリーが高いのに、食べごたえがない。

3)パッケージが小さいので油断してしまう。