大量の文具断捨離して、仕事机の上とひきだしの中がスッキリしました。本当に自分でもビックリするくらい、たくさんの文具を断捨離したのです。

文具の断捨離については、こちらの記事へ

しかし、重大なミスを犯していたことに、最近になって気づいたのです。

ほとんどサインペンを使うことがない私ですので、赤と青と黒、それぞれ2本ずつ、残しました。

ところが、その2本のうち、1本が書けないのです、インクは残っているのに、なぜか書けません。たぶん、ペンの先が乾燥してしまっているだめでしょうね。

ペンを残す前に、メモ用紙などに、試し書きをするべきでした。それをしなかったために、最悪、またサインペンを買わなければいけなくなってしまうのです。

次に、文具の断捨離をするのはいつになるかわかりませんが、その時には、ペンは書けるか書けないかを試してから、捨てる(断捨離する)か、残すかを決めることにします。