久しぶりにワンコインメニューのご紹介です。

日高屋の「野菜炒め定食」は570円(税込)です。しかし、私はダイエット中なので、ご飯を半分にしてもらいました。値引きされて、結局は510円(税込)で食べることができました。

これが日高屋の「野菜炒め定食(半ライス)

日高屋「野菜炒め定食(半ライス)

野菜は「野菜たっぷりタンメン」よりも多いです。炭水化物や糖質も「タンメン」より少ないことは明らかです。

油の量が気になりますが、野菜は火をとおした方が吸収しやすいいわれます。生野菜ばかりでなく、野菜炒めをときどき食べると体に良いのではないでしょうか。

味ですが、かなり濃いです。それと、個人店の野菜炒め定食にあるような野菜のボリューム感がありませんでした。野菜を節約しながら、量が多いように見せる苦心をしているのがうかがわれます。

野菜炒めですから、キャベツぐらいは思い切り食べてみたいと思うのは私だけでしょうか。

やはり、低価格を実現するのは容易ではないみたい。しかし、まずくはありません。野菜炒めを無性の食べたくなった時、何よりも安いので、日高屋を選択するのは間違いではないでしょう。

定食を注文する時は「半ライス」あるいは「小盛り」にすれば、かなり炭水化物糖質摂取をおさえることができます。

日常生活では、糖質を完全に断つことは正直、不可能。できるかぎり、糖質摂取を制限することは良いことだとは思っています。

まことに、ゆるゆるではありますが、低炭水化物糖質制限ダイエットに取り込んでゆきたいと、意識を高めているところです。