断捨離(だんしゃり)という言葉が、今もなお流行っているようです。というか、広く定着しつつあるといった方が適切かもしれません。

いろんな解釈、使い方ができる日本語として、なかなか良い言葉だと感じています。

以下のWikipediaがもっともわかりやすく「断捨離」を説明しています。

基本的にはヨガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。

断=入ってくる要らない物を断つ
捨=家にずっとある要らない物を捨てる
離=物への執着から離れる

やましたひでこの著書が発表されて話題になり、この考え方が人々に広く知られるようになった。

流行語になっても何ら不思議がないほど、現代社会が求めていることを、言い得ていますね。そして広く受け入れられたために、日本語としてじっくりとと腰を据えてしまった感さえあるのが「断捨離」です。

私もまた、遅まきながら、断捨離に取り組んでゆこうと思っています。おそらくは、死ぬまで続けることでしょう。

私としては、断捨離を実行するには、次のことができないと進まないと感じているのです。

本物と偽物(にせもの)をハッキリと見分け、本物だけを残して、偽物は捨て去る。

世の中、まがいもの、邪念を含んだもの、うわべだけで実がないものばかりが増えているきがしてなりません。製品などの物だけでなく、情報の断捨離も必要。そして、人間も、有害な人物とは付き合わないことが肝要です。

ヒト、モノ、コト、すべて本物志向で行くことに決めました。

本物を見出し、本物だけを紹介してゆく、取り次いでゆくことも、私の大事な仕事であると最近になって強く思うようになりました。